施療リング

ピンセットの中と小(比較のため、施療リングを置き    ました)

ヘラーの大と小

オルゴン棒の金と銀

首用

足首用

フリー

めらーく

耳用

鼻用

ユニコーン

腰用

腰用の大

オルゴン棒の大 (結界棒)

結界棒の置き方(交点に人体の臍下丹田が来るように配置)

グレイス

大、ミ二特大、小

オルゴン龍大

金と銀

U字大

出張整体

昨日は、所沢まででかけた。

 

 

 

以前から見えている患者のAさん(70才)である。

 

 

 

身体全体がだるいという。

 

 

 

身体をほぐしながら話を聞くと、家族の人間関係で相当ストレスがたまっているようで

 

 

 

それが首筋や背中、腰、足のこむらがえりとなって表れているよう。

 

 

 

専業主婦の場合は、意外にストレスがたまってないかというと違うのである。

 

 

 

それはそれなりに悩みや苦労がある。

 

 

 

すべてが自分の思い通りにはいかない。

 

 

 

それが溜まってくると体に異変が起きてくる。

 

 

 

あまり、我慢をすると、身体が耐えられなくなって、異変という形で警告するのである。

 

 

 

私たちは、とりあえず不調な部分をほぐしたり、押圧したりで筋肉や筋を柔らかくする。

 

 

 

そうすることで、血流やリンパが流れはじめて、酸素や栄養分が供給され、老廃物も除去されやすくなる。

 

 

 

施術が終わると、ああー楽になったと喜ばれる。

 

 

 

問題はストレスである。

 

 

 

時間の許すかぎり、話を聞いてアドバイスすることもある。

 

 

 

こちらが、ある程度年配のせいか、割合い素直に聞いてくださる。

 

 

 

ストレスと上手につきあう方法を一緒に考えるのである。