施療リング

ピンセットの中と小(比較のため、施療リングを置き    ました)

ヘラーの大と小

オルゴン棒の金と銀

首用

足首用

フリー

めらーく

耳用

鼻用

ユニコーン

腰用

腰用の大

オルゴン棒の大 (結界棒)

結界棒の置き方(交点に人体の臍下丹田が来るように配置)

グレイス

大、ミ二特大、小

オルゴン龍大

金と銀

U字大

< 写真で見るオルゴン療法>

愛媛県松山市の越野 稔師が創案、開発されたオルゴンリングを使って、手や足の末梢をこすり、血液やリンパ、ホルモンの流れをよくする療法です。つまりが取れるまで、一部痛みを伴う場合がありますが、つまりが取れると痛みは消えます。その後は爽快になります。

今までに多くの疾患が改善され、その効果は驚異的です。

もちろん、副作用等は一切ありません。

疾病等にはおすすめの療法です。 

リンパが よく溜まりやすい箇所も重点的に施療する。 あごから胸にかけて、腋の下、そけい部など全身を数種類のオルゴンリングを使ってこする。

 

リンパが溜まって血液の通りが悪い箇所は こすると痛みを感じる場合がある。

 むしろ痛みがある方がいいのである。

体調が悪いのに痛みを感じないのは相当悪い証拠なのである。

しかし、こすっているうちに詰まりが取れてくると痛みはおさまる。

オルゴン施療のあとは、血液が機嫌よく流れて、ぽかぽかと暖かくなるのです。

手の末梢、指先から

しっかりリングで

こすると手が真っ赤になる

足指の末梢をよくこする

最初は痛みがあるが、 リンパが詰まっているからで、しばらくこすると痛みは消える。

 

リングバーで軽くこするだけで表面だけでなく、

身体の奥深くまで血行が良くなり効果も高くなります。